アヒルの子

メインは自然豊かな東京都狛江市の育児発信ブログ。妊婦・ママに有益な情報もちょこっと綴るブログ。

「服部牧場」に1歳の娘と行ってきた話

 

神奈川県にある「服部牧場」に娘(1歳7ヶ月)と行ってきたお話をします。

自分への備忘録も兼ねてるので、簡単にメリットとデメリットをまとめます。

 

 

服部牧場 入口 f:id:ahiru0103:20210321132340j:plain

 

目次 

 

 

・服部牧場とは

放牧的な風景が特徴なファミリー牧場。

神奈川県随一の広さで、牛や羊・馬などが養成されています。

バター作り・乳搾り・餌やりなどの牧場体験もできます。

 

服部牧場は昭和44年(1969年)、乳牛中心の農場として開場し、51年から3年かけて近代牧場へ整備しました。

関東有数の景勝地・宮ケ瀬湖に近い、丹沢山魂の東端部にあり、神奈川県下随一の広さと規模の牧場で牛たちものびのびと育っています。

牧場のある日々良野高原の夏は冷涼で、牧草の生育と乳牛の飼育には最適の環境です。ホルスタイン種・ジャージー種・ブラウンスイス種併せて50頭余りの乳牛、立派な馬、愛くるしい羊、ヤギ、うさぎ、ミニブタなど10種類以上の動物達が飼育されています

*HP<服部牧場|牧場のご案内>より引用

 

・服部牧場のメリット

 

メリット1:入場料・駐車場代が無料!!!

牧場って入園するのに1000円〜2000円ほどかかるのかなと思っていたのですが、

こちらは無料!それだけでも大幅な節約。金銭が厳しい育児家庭には嬉しい特典です。

 

メリット2:比較的空いている!

昼時になるにつれて人は増えて行きますが、ものすごく混んでいるわけではなく、

程よく人がいる程度なので、混雑が苦手な自分にはぴったりでした。

メリット3:動物との距離が近い

動物さんたちが顔を出してのぞいてきます。

牛舎に入ると、なおさら距離が近くて・・・・親がびっくり。

娘は興味深く牛さんを観察していました。「も〜」といいながらね。(笑)

f:id:ahiru0103:20210321132827j:plain

牛舎散歩している時の様子。

 

メリット4:売店の食べ物が美味しい!!!!ドイツ仕込みのソーセージ!!

f:id:ahiru0103:20210321133200j:plain

ここのソーセージ、ものすごく美味しくて行ったら絶対に試してみたい一品!

(コーンポタージュ:400円、真ん中:600円、右のホットドック:550円)

 

メリット5:1歳児にとって程よい広さ!

1歳児といったらまだまだ昼寝が必要な時期。

ここの牧場は1−2時間もあれば一周できちゃいます。

なので、広すぎず、狭すぎず、1歳児にはちょうどいいんです!!!

 

 

 

・服部牧場のデメリット

 

デメリット1:車がないとアクセスしづらい

 

以下、HPよりの交通アクセスの案内です。

小田急線 本厚木駅より
神奈川中央交通バス「野外センター経由半原」行き「愛川大橋」下車(駅から60分)
→バス停から徒歩30

本厚木駅についてから1時間バスに乗って、さらに30分の徒歩・・・。

これでは子連れでなくてもアクセスが難しい・・・。

車だと

圏央道 相模原ICより15分

・・・といけるので、車所有していないと行きづらい場所になります。

 

デメリット2:入場料のかかる牧場より牧場内は整備されていない。

子どもに牧場のありのままの姿を楽しんでもらうので私はメリットとしても感じていますが、ただ、よく汚れます!!!

 

特に1歳児だと自由気ままに地面に座り込むので、これは汚れを覚悟して行った方が良いです。自分は娘にプレイウェアを着せてたので、着いた時に着せればある程度の汚れは防げます。おすすめです。

・服部牧場での寄り道

寄り道その1:オギノパン 本社工場でパンを買う

f:id:ahiru0103:20210321134708j:plain

給食で出た「揚げパン」。

f:id:ahiru0103:20210321134723j:plain

出来立てが食べられます。

ものすごく近いので帰りにおやつとして買って食べました。

HP:本社工場直売店 | 株式会社オギノパン

 

寄り道その2:神奈川県立あいかわ公園

娘の体力に限界があったので寄らずでしたが、

こちらの公園、アスレチックなど遊具がものすごく豊富なようです。

もう少し娘が大きくなったら行ってみたいと思います。

HP:神奈川県立あいかわ公園(公式ホームページ)

 

寄り道その3:宮ヶ瀬ダム

こちらも娘の体力を考慮して寄りませんでした。

近いので、余力がある方はぜひ!

HP:ぐるり宮ヶ瀬湖

 

以上です。

デメリットよりメリットの方が大きく上回るので、ここはまた訪ねたい場所です!!

子どもが小さいうちはたくさん自然と触れ合って欲しいので、

月1行きたいですね。(できるかな・・・?)

他の家庭にもおすすめできる場所になります。

 

 

余談

牧場内で使わなくなったバギーなどが置いてあるのですが、娘はそれがめちゃくちゃ好きらしく、娘は実は車好き??という新事実を発見しました。

次は車関連の博物館に連れて行こうかな・・・。

f:id:ahiru0103:20210321135514j:plain

 

 

 

(終)

 

f:id:ahiru0103:20190619160611p:plain

 

 

 

 

赤ちゃんとの室内遊び2選!

f:id:ahiru0103:20200310160050p:image

 

娘も6ヶ月過ぎ、やっと人間らしくなってきました。というより動物です。笑

イスの脚を手で動かして観察するのが最近のブームのようです。

飽きっぽいうえに、数秒ごとにママの方を見て、ちゃんと私を見ているのか!?という確認をするように…私が携帯なんていじっているときには、「私に構って!!!」とでも言うように声を上げるようになりました。苦笑

 

そんな0歳児の娘との過ごし方について共有したいと思います。 

 

時間がある時に児童館行くのもいいけど、毎日は流石に疲れてしまいますよね。

まず児童館が若干遠い…。徒歩30分ぐらい…

 

それに最近は例のコロナ影響で児童館もお休みしています…。

なんだかんだ、一週間のうち5日間は家に引きこもっているような気がします。

 

 

一般的な0歳児のお遊びといえば…

・歌を歌う

・絵本の読み聞かせ

・おもちゃであやす

・いないいないばあ ごっこ

ベビーマッサージ

・高い声で子供を笑わす……等

 

 

その中で、私がよく行う遊びで、かつ大人が工夫せずとも娘が喜んでいる遊びを2つ紹介します。

 

それは、

  • ①絵本の読み聞かせ
  • ②ピアノ絵本で童謡を歌ってあげる

 

 

続きを読む

4ヶ月の赤ちゃん連れて飛行機デビューで気づいた7つのこと

f:id:ahiru0103:20200116142854j:plain

4ヶ月20日程度にして初飛行機デビューしました。

飛行機乗るとなると色々な不安があると思います。

今回はJALを利用して感じたこと・わかったことを箇条書きで簡潔にまとめてみました。

急いでいる方は黒字だけ見ていただければと思います。

フライ中に泣くこともありましたが、基本的にスムーズに初デビューを果たせたかと思います。

 

 

・普段より1時間ほど時間かかることを想定する

 授乳15分 おむつ10分 待ち時間10  予備時間20分

羽田空港には授乳室がいくつもあります。「やったー」と思いきや、授乳室は一名のみというパターン。なので、基本的に授乳するために待ちました。すでに1名以上並んでいるところはパスして次にいくのも手ですが、授乳室は少しずつ離れて配置されているので、若干移動時間かかります。諦めてその場で待つのも手です。

オムツ替えだけでしたら、トイレにオムツ台が設置されているので、トイレを利用した方が手取り早いときもあります!

 

・空港・機内は暑すぎる

 1月中旬 気温12度 寒いかと思い シャツ+セーター+コートで装備した結果、

空港についたらめちゃくちゃ暑くて、授乳室でシャツ一枚になって過ごしました。

寒くなるといけないから、羽織りものも機内に持ち込みしましたが、機内は暖房が効いていて非常に暑かったので、シャツ一枚で難なく過ごせました。なので、みなさんも冬に飛行機乗る時は、調整できるような服装で!

 

(*冬は暖房効きすぎたので、夏は冷房効きすぎる可能性あり。)

 

・気圧で泣くことはなかった

 「飛行機の気圧で赤ちゃんが泣く」と聞きませんか?

その時の対策として、「飴をなめる」「麦茶などを飲ませる」「授乳する」などの対策が挙げられています。

 

が、しかし、我が娘は「哺乳瓶拒否」に入ってしまい、もちろん「飴」なんて舐めさせられません。「授乳」するにも、隣に赤の他人・・・・。

そんなこんなで、結局何も対策せずに挑みました。

結果、離陸と同時に抱っこした状態で寝てくれました。離陸する直前まで眠くてぐずっていたのですが、離陸時の振動とぎゅっと抱きしめながらトントンすることによって見事に寝てくれた娘。おかげでフライトはスムーズでした。

 

着陸する時には起きていましたが、気圧で泣くようなことはなく、キョトンと膝の上に座ってくれました。よくぞ、耐えてくれたよ。娘。

 

・空港のベビーカーに乗せたら娘は大喜び

 

手持ちのベビーカーを荷物に預けたら、JALの「スマイルサポート」でベビーカーをお借りしました。

娘は普段と違う乗り心地に大喜び。楽しんでいました。リクライニングが調整でき、他の家族づれの方は、新生児〜1ヶ月?らしき赤ちゃんを載せていました。

 

このベビーカー、横にスライド移動も簡単にできるので、いつものベビーカーよりも快適に移動できました。

 

f:id:ahiru0103:20200116141932j:plain

 

 

 

・CAさんは赤ちゃん連れに優しい

 CAさん、赤ちゃん連れ家族に積極的に話しかけてくれます。

娘もフライ中に泣いたときは、CAさんも一緒にあやしてくれたり、紙コップにお菓子を詰め込んだ簡易的なおもちゃを作ってくれました。ありがとうございました!!

 

 

・フライ中は赤ちゃんの泣き声はある程度席離れていると、そこまで気にならない

フライ中に他の赤ちゃんの鳴き声がかすかに聞こえましたが、フライ中は機内でエンジンの音が響いていたので、あまり気にならなかったです。

ただ、自分の娘が泣いた時は、響いているのではないかと申し訳なかったのですが、客観的に見ると、そこまで響いていないことも・・・?

 

 

・大人がシートベルトさえすれば、赤ちゃんは抱っこ紐でも問題ない

帰りの飛行機で娘がぐずってしまい、こんな時に抱っこ紐使えたらいいのになーと思っていました。降りる時に近くのCAさんに聞いたところ、

「大人さえシートベルトしていれば、抱っこ紐していても構わない」とのことです。

娘は抱っこ紐をすると落ち着いて、そのまま寝てくれますので、次は活用してみようと思います。

 

 

 

・・・・など、

 

他に気になったこと・質問等ありましたらコメントでいただければ、わかる限り回答します!

 

 

 

 

f:id:ahiru0103:20190619160611p:plain